スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZIP!!

d(`・ω´・+)コンバンワッ★

さざなみ堂です!!
o(*・ω・)ノ

※今回はパソコンのため、画像サイズを間違えて大きくしてしまいました・・・
ご了承くださいませ
(ただ変えるのがメンドウなだけのずぼらなだけですが・・・)
次回からちっちゃくします!!









毎朝してるTV番組「ZIP!」のじっぺいが大好きでたまらないさざなみ堂です❤


今週は岡山を回ってるということでしたが・・・・月曜はすごい近くまできてたのに・・・・

午前中は仕事をして、そのあと歯医者行ったり、CD借りに隣町まで行ったりしてました・・・
(´;ω;`)不覚。

そこから一週間、モンモンとしてたので思いきって金曜日の生中継に行こうと決意しました!!


そして今日いってきました!!

早朝5時起床。

うん。

さざなみ堂にしては上出来の早起き!


早速、いくらといっしょに美観地区まで行ってきました



110916_0636~01
早朝6時半なのに・・・

すでに500人はいたでしょうね・・・・
(-`ェ´-)多いです・・・・



110916_0645~02
対岸から。
撮影風景をボーーーーっと見てました。
もうどうせこんなに多いなら映らないだろうと思って・・・・ものすごい気の抜けた顔してました
(どうやらバッチリ映ってたみたいです)


110916_0652~01
いくら「興味ないしー。早くどっかいこうよー」的なそぶり。
おいおい・・・・
アナタ、毎朝2本足で立ってまでじっぺいに釘付けじゃないですか??
そのじっぺい様が目の前にいるんですよ???


奇跡的に近くまできてくれたのでパチリンコ☆

110916_0651~01
じっぺい(弟)
いくらを超ガン見中です。
かわいいわぁ・・・・・

でもモフモフ触れなかった・・・・
スタッフさんとかに囲まれてて・・・なんかスタッフさん半キレで怖かった・・・・(´;д;`)ウッ…
(いくらも何もしてないのに叱られちゃいました・・・なんで・・・・)



でも!
でもね!

110916_0650~02
ダイスケくんはすごくみんなに愛想よくて、みんなの声にちゃんと応えてました。
ホンワカしていいお兄さんでしたよ!

残念ながら最後まで見てる気力が私もいくらもなかったので(なんという虚弱体質・・・)
ZIP! ってできなかったし、すごく欲しかったステッカーも頂けませんでしたが
真っ白でモフモフなじっぺいと、優しいダイスケくんを見れたので満足しました。



☆おまけ☆

110914_1716~01
先日、キャンディボンボンさんのチャリティーフリマ(店舗内にて常時開催中)で買った獲物。


「俺クマしとめたぜ!!!」

というドヤ顔。

このあと10分後には破壊されてしまいました・・・・

スポンサーサイト

7/26お空にいきました・・・・

連投です。

さざなみ堂です!
o(*・ω・)ノ


チクチク日和の前日、我が家で2年預かってた友人のワンコ「かいちゃん」が逝去しました。

DSCN0091.jpg
かいちゃん。ダックスの女の子で13歳でした。

かいちゃんは我が家の息子「いくら」と仲良くしてくれた数少ないオンナノコ。

どこに行くのもいくらと一緒でした。

サンポもゴハンもお風呂も一緒。
一緒に居た2年、いろんなトコにも行きました。
いろんな思い出もできました。

雪の日には二匹で元気いっぱいに走り回り、夏は砂浜で思いっきり走って。
サクラの季節にも、紅葉の季節にも公園でいろいろ遊びました。

かいちゃんとさざなみ堂は偶然誕生日が一緒で、ふたりぶんのお祝いもしました。

お預かりしてたワンコですが、さざなみ堂の中ではかいちゃんは家族でした。いえ、今でも家族です。

友人の自宅でさいごのお別れしたとき、すっごく涙がでました。
とっても安らかな表情で、まるで眠ってるようでした。
いくらもずっとかいちゃんを舐めたり、かいちゃんがいやがってた事をわざとしたりしてました。

生あるものはいつか死が訪れる

わかってはいますが、それが突然すぎるのであまりにもショックで。

かいちゃんはとある場所で今は安らかに眠ってます。
一房だけ、かいちゃんの毛をいただきました。
ちゃんとお別れのふんぎりがつくまでのお守りです。

かいちゃんありがとう。さざなみ堂は幸せだったよ。

15324057_1145616493.jpg
左/かいちゃん  右/いくら



■第一部■ 虹の橋

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物たちは、
死ぬと『虹の橋』へ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく快適に過ごしているのです。


病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさを感じているのです。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに小刻みに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する動物を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日たりとも消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。


■第二部■ 虹の橋にて

けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。

でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮らしたことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。

ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。

そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。

今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。

彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。



■第三部■ 雨降り地区

こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシト冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも・・・。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。
動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。


信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから・・・。





かいちゃん、虹の橋まで必ず迎えにいくから、それまでちょっとかかると思うからお迎えいくまでみんなで遊んでてね。

いくら

いくら


幼少時の愛犬「いくら」です。
当時4ヶ月。
今はしっかり大人顔になりました・・・
あしあと
プロフィール

さざなみ堂

Author:さざなみ堂
ようこそ

ヽ(○・v・●)ノヽ(○・v・●)ノ

アクセサリーをはじめ、様々な装飾品など製作する工房「さざなみ堂」
日々いろんな刺激を求め、フラフラしてます。

そんなさざなみ堂の日常をチョッピリ公開中です
どうぞごゆっくりしていってくださいね

最新記事
リンク
おみくじ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。